Category Archives: Adobe Illustrator

Get Inspired: 365 Day Challenge!

I just watched a video of one of my favorite artists/illustrators, Lisa Congdon‘s talk “Embrace the Abyss”  where she talks about vulnerabilities of creativity.  One of the things she talked about was challenging herself to go outside of her comfort zone every day and pushing herself to be better at her crafts.  One example of that is her 365 days of hand lettering.  Amazing!

私が大好きなアーティスト、リサ・コングドンさんのビデオ、「Embrace the Abyss」をさっき見ました。彼女は自分のアーティストとしての不安や弱気に感じることなどを語り、その不安を乗り越えるためには日々、自分自身に課題を与えてチャレンジし続けている、と言っていました。

WOW, I’m so inspired!  I’ve decided that I’m going to also embrace my creative vulnerabilities and share a drawing journal about happiness every day for the next 365 days!

彼女の話を聞いてとってもインスパイアされました!私も不安や自信の無さを乗り越え、もっといいアーティストになれるように、これから365日間、毎日「幸せ」をテーマにした絵日記をシェアしていきます!

365

 

 

Logo Design for the Daver

Our last assignment for the Illustration Communication class was to design logos for ourselves!

イラストコミュニケーションのクラスでの最後の課題は、自分のロゴのデザインです。

Since I already have my logo, I decided to design a logo for my husband Dave, a.k.a. the Daver.

自分のロゴはもうあるので、夫のデーブのロゴをデザインすることにしました!

He is a Permaculture designer/educator/author and currently runs a company called Terra Phoenix Design.  I choose to do a branding and logo design for him as an individual because…why not?

夫はパーマカルチャーのデザイナー、教育者、筆者であり、すでにテラ・フィニックス・デザインという会社も運営しています。なので、デーブの個人としてのブランディングとロゴデザインをしました。

Because this is for him as an individual rather than his company, I designed a logo that reflected his friendliness and approachability.

これは会社ではなく、個人のロゴなので、彼のフレンドリーな性格が伝わるようなデザインにしました!

Here are my three concepts!  こちらが3つのデザインです!

Dave_Logo_1
The Portrait!
Dave_Logo_3
The Name!
Dave_Logo_2
The Acorn!

My favorite is definitely the portrait.  He has such a cute smile 🙂  I modified the portrait and made his facebook profile picture!  It is a lot warmer and shows his personality well, I think.

私のお気に入りは、やっぱり彼のポートレートでしょうか?いつも満面の笑顔が印象的な夫です。ロゴにちょっと手を加えて、彼のフェイスブック用のプロフィール写真を作りました。彼の温かい性格が表れているかな?

Dave_profile
The Profile Pic!

 

 

 

 

Bumbershoot T-Shirt Illustration!

My assignment for the Illustration Communication class this week was to create an illustration for Bumbershoot event T-shirt!  Bumbershoot is a festival of music and art that happens over the labor day weekend in Seattle.  Their event posters are amazing, by the way.

今週のイラストコミュニケーションのクラスの課題は、「バンバーシュート」という毎年9月の勤労感謝の連休に、シアトルで行われる音楽とアートのフェスティバルのためのTシャツのイラストのデザインです。

I combined my love of drawing animals and music.  Here is my pink raccoon Bumbershoot illustration 🙂

動物の絵が好きなので、動物と音楽を合わせました。そしてピンクのアライグマのバンバーシュートイラストが完成!

pink raccoon
Pink Raccoon Bumbershoot!

And here is the mock-up for a T-shirt.

Tシャツにするとこんな感じに。

raccoon-t-shirt
Pink Raccoon T-Shirt Mock-Up!

I would totally wear it!

あったら絶対着ますね!

Tulip Festival Poster

Our assignment for the Illustration Communication class this week was to create a poster for the Skagit Valley Tulip Festival!

イラストレーション・コミュニケーションクラスの今週の課題は、ワシントン州で毎年行われるチューリップフェスティバルのポスターのデザインです!

Every year, they commission an artist to create a beautiful poster for the festival!

毎年、アーティストが選考で選ばれ、フェスティバル用のポスターをデザインします!

poster2002
My favorite is this one with a kitty (of course) by Jerry Freiberg created in 2002.

For this assignment, I wanted the focus to be on the beauty of individual flowers, rather than the landscape.  Not only do I LOVE flowers, I felt it would better showcase my line art style.

この課題では、チューリップ畑の風景よりは、個々のチューリップに焦点を当てることにしました。花の絵を描くのは好きですし、その方が私の線画のスタイルにあっていると思いました!

I brought home different kinds of tulips from the local store and started sketching!

スケッチするために、色んな種類のチューリップの花束を買ってきました。

IMG_6053
pretty!
tulip_sketch
good ol’ pencil sketches

I then traced them on a vellum paper with a pen for easy scanning.

鉛筆でスケッチしたものをペンでトレーシングペーパーに移し変えます。そうするとスキャンしやすくなります。

tulips_penI had some ideas for composition for the poster, so I did a rough comp on Photoshop just to see…

まずはポスターの構図を見るために、フォトショップで大体の構成をチェック。

draft_process1

I actually liked the simple line drawings and one spot color for background, but for this assignment it made sense for the flowers to have more colors.  When there is a bunch of black & white line drawings, it is hard to tell what’s going on especially if you’re not looking at it closely.

この白黒のバージョンも個人的には気に入ったのですが、チューリップフェスティバルのポスターということで、やっぱり色を足すことに。あまり白黒の線画が重なっていると、実際見づらくなってしまいます(特にポスターのように、ちょっと距離があるところから見る場合)。

At first, I made tulips with green stems like real flowers.  But then when I put a bunch of them together, it seemed too busy with the background color.  And they just didn’t look very interesting to me…

始めは、茎や葉っぱを緑にしたのですが、どうも背景の色とマッチしません。複数の花を重ねるとまた分かりにくくなってしまいました。また、イマイチ面白みも足りないような。。

tulip_colorEarlier in the design process even before I started drawing the tulips, I was thinking of designing a poster that looked kind of like a stained glass art.  I also really enjoyed my black & white illustrations from the last assignment, so I decided to experiment…

チューリップを描き始めるまえにイメージとして浮かんでいたのが、ステンドグラスのようなデザイン。それから前回の課題で描いた白黒のイラストのスタイルも気に入っていたので、ちょっと実験してみることに。

tulip_black
Black, White & Color!

I would say the experiment worked!  I love how the colors of the petal pop out with the black stems and leaves.

実験の結果、この白黒と色の組み合わせがとっても気に入りました!茎と葉っぱの色を押さえることによって、花びらのカラフルさが際立ちます。

After hours of trying out different layouts and spacing, I landed on this final design.

何時間もかかってレイアウトを考えた挙句、このデザインになりました!

Tulip_Festival_Poster
The poster!

Since the focus of our assignment was the illustration itself, I didn’t spend too much time with the typography.  I chose “Learning Curve”, which is the typeface for my company, Honeyberry Studios’ logo 🙂  I think it fits the feminine and flowy style of this poster very well, though!

この課題の焦点はイラストだったので、活字にはあまり気を使わなかったのですが、「ラーニングカーブ」という書体でとりあえずフェスティバルのタイトルを入れました。私のロゴにも使われている書体で、このポスターの柔らかい感じにフィットしていると思います!

Extra credit – this is another version of the design.  I decided not to go for it for the poster project, but I made a cover photo for my facebook page 🙂

これはポスターの別バージョン。最終的にはこれにしなかったのですが、フェイスブックのカバー写真として使っています!

tulips

Cookbook Illustrations!

My first assignment for the Illustration Communication class was to create 12 black & white spot illustrations and one color illustration for a Northwest Food & Wine cookbook!

私が今取っているイラスト・コミュニケーションのクラスでの最初の課題は、アメリカ北西部にちなんだ料理とワインのクックブックのイラストのデザインでした!白黒のイラストを12点と、表紙のカラーのイラストを1点。

I chose to make 12 black & white illustrations of raw food ingredients for the spot.  The assignment also required us to have images of wine bottles & glasses in some of our illustrations.

白黒のイラストは、食材をモチーフにすることにしました。この課題ではワインボトルとグラスのイメージを用いる事も必須です。

I usually start my process by making rough sketches with pencil on paper.

まずは鉛筆で色んなイメージをスケッチしていきます。

cookbook rough sketches

all kinds of Northwest food ingredients! (and a bonus kitty)

I then made pen & ink drawings to be scanned and processed in Adobe Illustrator.  I decided to place each illustration in the black circle to frame item.  It gives them consistent look and helps to make the line art stand out.

スケッチした物の中から選んだイメージをペンで描いていきます。線画をスキャンして、Adobeのイラストレーターを使って加工します。白黒のイラストは周りを黒い丸で囲う事にしました。それで12点のイラストに統一感が生まれ、白黒の線も際立ちます。

fig_process
draw, scan, place!

And, here are some examples!

これが白黒イラストの一例です!

spot
squashes, beets, figs, morels, oysters, cheese, wine & bread!

As for the color illustration for the book cover, I decided to use the colored version of the spot illustrations to create a consistency of the look.  I also just really liked them 🙂  I used the live paint function in Adobe Illustrator to make colored illustrations for this project.

表紙のカラーのイラストは、また統一感を保つために白黒イラストで使ったモチーフを色づけして使うことにしました。このモチーフはとても気に入っているので、一度だけ使うのは勿体ないですよね♪

file_process2
add beautiful colors to the black & white drawing!

To tie it all together on the cover, I used the same circle shape as the spot illustration in the center.  As a way to give a sense of location, I made a line drawing of Mt. Rainier to place in the circle.

表紙のイラストでは、白黒イラストで使った丸をターコイズ色にして、ページの中心に持って来ました。アメリカ北西部という位置づけを示すために、レーニア山の線画を加える事にしました。

rainier_circle
A Northwest Icon!

And voilà! Here is the full-color illustration of the NW Food & Wine Cookbook!

そして、クックブックの表紙が完成しました!

cookbook_coverFB
all kinds of goodness!

I love good food, and I enjoyed this project very much!

おいしい物を食べるのが大好きなので、この課題はとっても楽しかったです!

Birthday Floatin’

When I first heard of the sensory deprivation float a few years ago, I didn’t really get it.  You float in the water with no sound, light, or gravity…  It sounded kind of dark and scary.

数年前、初めて「アイソレーション・タンク」の存在を知ったときは、何がいいのかよく分かりませんでした。音も光も遮断し、タンクの中の水に浮かんで重力も感じない。なんだか暗くて怖いイメージでした。

Since then I’ve been trying different meditation and relaxation techniques to manage stress.  A couple of months ago, I came across a coupon for Urban Float in Seattle.  I decided to have my first float on my birthday!  As one of my friends put it, I was going to “spend my birthday in a fake womb.”

それからストレスを減らすために色んな瞑想や、リラクゼーションの方法を試してきました。数ヶ月前にたまたまシアトルにあるUrban Floatという、アイソレーション・タンクを営むサロンのクーポンを入手し、誕生日に自分へのご褒美として試すことにしました!ある友人には「誕生日を、ニセの胎内で過ごすんだね。」とコメントされてしまいました、、、

I made my appointment for the 50-mins float session.   When I checked in, the nice woman there gave me a quick tour of the room & the pod.  It was comforting to know that there is an emergency button inside of the pod…

1セッション50分で予約をしました。チェックインを済ませると、受付の優しいお姉さんが、施設の説明をしてくれます。タンクの中には緊急用のボタンもあるということで、ちょっぴりホッ。

At this facility, you have an option of floating in a pod that looks kind of like a giant, sci-fi kidney bean (pictured below).  The water is kept at body temperature, and it is a highly saturated epsom salt and water, so your body floats even though the water is less than knee deep.  Once you’re in, you can close the top all the way, or leave it cracked, depending on your comfort level.  You wear ear plugs so the water won’t get in your ears.  This also helps shut out any noise while you float.

ここでは、SFに出てくるような近未来巨大インゲン豆のようなポッドに入るようになっています(下図をご覧あれ)。入っている水は人肌の温度に保たれていて、かなり濃い塩水になっています。なので、ヒザぐらいの深さなのに体がプカプカ浮きます!いったん中に入ると、屋根の部分を自分で閉めます。完全に閉じてしまってもいいし、不安な人はちょっと開けておいてもOK。耳の中に水が入らないようにと、渡された耳栓もします。これは外の音を遮断するためにもグッドです。

pod
space-age pod for floatation

After showering, I wasted no time getting my floatin’ on.  I got in the pod, closed the top all the way and lied down in the water.  It was a strange feeling to just “float.”  Normally, when I’m in the pool or the ocean, I’m trying to swim or move about in the water.  But here, you just lie still.

先にシャワーをしていざポッドに入ります!フタを全部閉めてから、水の中に横たわります。水の中でただ「浮かぶ」という行為にあまりなれていないので、ちょっとヘンな気分。

honeyberry_floatinglg

It took me a few minutes to relax my head.  I’m so used to laying on something solid, something to support my head, so letting my neck to relax in the water was hard.  I was afraid my face is going to be under the water.

頭をただ横たえるというのにも少し時間がかかりました。いつもは何か中身がある(?)ものに頭を横たえるのに慣れているので、水に浮かべるというのはちょっとドキドキしました。力を抜くと、顔まで水の中に沈みそうになってしまって!

I was eventually able to let the water support my head, and my eyes, nose and mouth stayed above water.  They play a soothing music for the first and last 5 minutes of your session.

それでも段々力を抜いて、頭もプカプカ浮かびます。ちょっと沈んでも、目、鼻、口はかろうじて水面上です!セッションの始めと終わりの5分間はリラックスできる音楽が流れます。

I tried not to move my body once I got the hang of floating.  For some reason I was drifting inside of the pod.Eventually, I stopped drifting.  But whenever I focused on not moving my legs or arms, it started twitching!  Because you don’t have other sensations, I became very sensitive to every little move I made in the water.  I felt the water around me rippling with the subtlest of moves.

いったん体を浮かべるのに慣れると、体は出来るだけ動かさないのが◎。浮かんだ初めは何故が体がポッドの中で流れ動いてしまいました。それも何分かすると止まりました。「手足を動かすまい」と思えば思うほど、ピクっと無条件で体が動いてしまったり。他に感覚があまり無いので、少しの動きにもとても敏感になってしまいます。ほんのちょっとの動きでも水に波紋が立ってしまうのが感じられます。

I thought I read on their website that the light inside of the pod would automatically turn off with the music, so I just floated there for several minutes.  I opened my eyes to see if the light had turned off, but it was on…  Actually, it stayed on for the entire time.  I could’ve turned it off manually, but at that point, I didn’t feel like getting up to push the button, so I let it go.  I could also hear sounds from outside as the facility is right by a busy street.

確かこのサロンのウェブサイトには、音楽とポッド内の明かりは自動的に消えると書いてあったと思ったんだけど、何分か経ってからちらっと目を開けると、まだ明かりが点いてる。それはいつまでたっても消えないで、結局セッション中はずっと点いたまんまでした。自分でボタン押して消す事も出来たみたいだけど、その時点で起き上がって消すのも何だったので、そのままにしときました。ちなみに、外は結構大きな通りで交通の雑音とかも何気に聞こえてきました~。

I went in and out of sleep while floating.  Had mini dreams.  Then the music came on to let me know that my time was ending.  It went by too quickly!

そうこうしているうちに、うとうとと眠気が。ちょこちょこ夢も見ました。そうしてあっという間にセッションの終わりを告げる音楽が流れ始めました。早い!

I got out of the pod, showered, and got dressed.  I felt super relaxed and a little groggy afterwards.  I drank lots of water and cooled off before heading out to the busy outside world!

起き上がってシャワーをして、着替え。後はとーってもリラックスし、ちょっと頭がボーっとしました。お水を一杯飲んで、体も冷ましていざ外界へGo!

My very first floating experience didn’t exactly knock my socks off, but it really helped me feel relaxed and detoxed.  I would be very curious to see how I would feel if I had an actual “sensory deprivation” experience, you know, without any light or sounds.  I’m sure it affects different people differently.  If you ever wonder what it’s like, try it and see how you feel!

生まれて初めてのアイソレーション・タンク体験は、思ったほど目からウロコ!とは感じませんでしたが、すごくリラックスできたし、デトックスもばっちりできました。本当に音とか明かりが遮断できていたら、きっと違う経験になっていたでしょうね。こういうのは個人差もあると思うので、興味のある人は是非一度お試しあれ。

Meet Honeyberry!

In my last post, I talked about how I created my brand and named my business Honeyberry Studios.  In this post, I want to show you how I designed my logo!

先日のブログでは、Honeyberry Studiosの名前の由来についてお話しました。今回は、ロゴのデザインの過程をお見せしまーす。

As an illustrator, I thought it would be imperative to create an original image for the logo that showcased my style.  People describe my stuff as “cute, warm, friendly,” and such.  So my logo needed to have those qualities as well.

イラストレーターというからには、やっぱりロゴは自分のイラストでしょう!と、まずは決断。私の作品を見た方からは、「かわいい」「あたたかい」「親しみやすい」などの感想をいただいているので、ロゴもそういう雰囲気があるものに。

It’s kind of silly, but I knew my logo needed to have eyes.  I hear that eyes are windows to your soul, and if I wanted it to have some kind of emotional impacts on people, it needed to have eyes!

ちょっとおかしな話なのですが、私は「このロゴには目をつけよう!」と決めていました。「目は魂に通じる窓」という言い方もあって、このロゴを見た人に何らかの感情を持ってもらうためには、やっぱり目が無いとねーと思い立ったわけです。

I also thought to myself: “If this is going to be a logo for my business, I better like looking at it all the time for a long time.  What do I like to look at for a loooong time?”  The answer was very simple.  Cats.  I love cats.  I used to think of cats 24/7 when I was a child.  OK, I still kind of do.  I have two kitties, Lulu and Shepherd, and they have modeled for me a few times for my art.  I was inspired!

それから、やっぱり自分の会社のロゴなんだから、自分が気に入ったもの、毎日ずーーっと見ていても飽きない物がいいなあ。と思い、それって何?と考えたところ、「ネコだ!」と結構簡単に行き着きました(笑)小さい頃はネコが欲しくて欲しくて、四六時中ネコのことを考えていました。(今もそういう所ありますけどね)。家で今飼っている2匹のネコたち、ルルとシェパードには以前に私の絵のモデルになってもらったことあるし、これはいいかも!

kitty in the window yellow lulu_color sheppie

I sketched some cat characters for the logo.  It has to be simple enough so it looks good when the size is reduced.  It also needs to work in color and in black & white.

それで、いくつかネコのキャラのスケッチ。これはサイズが小さくなっても何か分かるようにシンプルじゃないといけないし、白黒とカラーのどっちでもちゃんと見えないといけないんです。

Luckily, I was taking a logo design class at that time, so I was able to get helpful feedback from the instructor and my fellow students about my design.  This is my first version.

ラッキーな事に、その当時はロゴデザインのクラスを取っていて、先生や他の生徒さんからいろんな感想をもらえました。これが最初のバージョン。

initial comparison
raw sketch, black & white, color

I combined my two lovely kitties, one black cat and one tabby cat with pink nose.  After receiving feedback that “black cats have negative connotations,” and “the cat’s stare is too intense,” I made a few changes.

この子は、私の黒猫の子と、ピンクの鼻の子を組み合わせて作ったキャラ。でもクラスでは、「黒猫は不吉な意味もあるんだよねー」とか、「なんか目が怖い」という感想が出たため、そこを変えることに。

I made the cat honey colored, which actually works perfectly with the company name.  Modification with the eyes were made, and it all of a sudden gave the cat some distinctive personality.

そこで、ネコの色を黄色っぽくしてみたら、いい感じに。会社の名前にもマッチ!目の感じも変えたら、この子の性格がもっとよく見えてきました。

Yellow Cat Logo

For the typeface, I looked for a script typeface that fit.  I wanted a typeface that had a soft, handwritten feel to it.  After searching for many hours on the inter web, I finally landed on a typeface called “Learning Curve.”  I found it beautiful, simple and legible.  Done!

次はロゴの活字書体選びです。筆記体で、手描きっぽい書体を何時間もかけて探したあげくに、「Learning Curve」という活字書体を見つけました。綺麗だし、シンプルで読みやすい!決まり!

logotext

I added a circle and dashed line inside of it to have a “stitching” effect to up the handmade feel of my company.  For my class project, I incorporated the company name in to the logo, but in practice, I use them side by side.  The warp of the text did not look good in the circle, and I would have needed to make the cat so small in order for the text to be big enough.

周りを円で囲み、その内側に点線を加える事で、さらに会社の手作りさをプラス。クラスのプロジェクトでは、活字もロゴの中に入れたのですが、結局実際は横に並べて使っています。丸の中に入れてしまうと、どうも活字のゆがみ方が気になるし、活字を大きくしようとすると、ネコがすごく小さくなってしまう。

Yellow Cat FinalColor&BW

My color combo is determined based on what each color says: honey yellow=”honeyberry,” red = “warm and comfortable,” green=”nature.”

色の組み合わせは、その色の雰囲気で。黄色は「ハニーベリー」のハニーっぽさ、赤は暖かさと親しみやすさ。緑は自然っぽさという感じ。

I love how my logo turned out!

お気に入りのロゴが完成しました!

honeyberrybanner2